大分の税理士のご相談は税理士法人 河村会計へ

税理士法人 河村会計
お電話でのお問い合わせ:0977-22-4465(営業時間9:00〜17:30) メールでのお問い合わせはこちら

代表ブログ

経営コンサルタント

一般的に経営コンサルタントといわれる人達は大企業から中小企業まであらゆる業種や地域にわたって成功例、失敗例を数多く見聞しているものだ。

コンサルタントの使命とは指導する会社を繁栄させ誤りない方向へもってゆく為に、これまでの経験をフルに生かし社長と共に必死になって戦略を練り戦略を駆使することである。

 

しかしコンサルタントの仕事はあくまで参謀の職でありコンサルタント自らが社長の職を代行することはまずないと云っていい。

 

なぜなら自分の事業の岐路を決定し、決断するのは社長自身であり他の誰でもないからだ。

 

ただ経営者はたとえ大勢の社員を抱えていても、どこまでも孤独なものであり、常に岐路に立たされていることも事実である。

 

そんな時、社長自らの思いをぶつける相手が必要である。

 

時には不満を云ったり、自慢をしたり、不安な気持ちをさらけだしたりする相手である。

 

そういった意味ではコンサルタントと依頼者の相性は極めて大切である。

 

極言すれば好きか嫌いかである。

 

どんなに理論的で正当性があっても、認めていない相手の言う事は聞けないものである。

 

コンサルタントとの間に心からの信頼関係がなければ効果は半減してしまう。

 

また、コンサルティングを進めてゆくコンサルタントの立場から云えば、最も大切なことはいかなる状況に置かれている会社であっても指導する会社を決して潰さない、必ず繁栄させるという強い信念を抱いているということである。

 

また、その信念を持てなければコンサルティングを引き受ける資格がないということである。

 

自分にとって最強のコンサルタントと縁づくこともトップの実力なのかもしれない。

  

河村 貴雄