大分の税理士のご相談は税理士法人 河村会計へ

税理士法人 河村会計
お電話でのお問い合わせ:0977-22-4465(営業時間9:00〜17:30) メールでのお問い合わせはこちら

代表ブログ

船の竣工式に参加して

以前、関与先企業である海運会社の社長が44,000トン(載貨重量 83,000トン)の貨物船(新造船)を購入した。
社長は私を船の引渡式のセレモニーに招待して下さった。


前夜祭があり、命名式があり祝宴へと続いた。
造船会社、商社、金融機関等各方面の幹部が一同に会してのビッグイベントである。
また、命名の為だけにシンガポールの世界的海運会社のトップまでもが参加していた。
その他多くの外国人も列席した。
特に圧巻は式典での支綱切断の時であった。
真紅のじゅうたんの上を当事者はもちろん招待者である私も歩き、日本とシンガポール両国歌が吹奏楽団により演奏され、海運会社の令嬢がシャンパンボトルを船の側面に打ち当てる(ニュースでしか見たことがなかった)儀式が感動の中で進んでいった。
見事な切断と同時に相当数のハトが空に舞い、祝砲が雷鳴し、大勢の幼稚園児が喜びの旗を振った。
何といっても全長229メートルの大型船である。壮観この上ない。
船の売買金額が莫大なこともあり、それだけ一見華やかな儀式になるのかもしれない。
しかし、その根底に流れている精神は各関係者がお互いを心から尊敬し、認めあう愛情に充ち充ちたものであった。
確かに売買されたものは船という物質かもしれないが、それを製造したり、購入したり、運用してきたこれまでの目には見えにくい企業の長年の努力や携わった人々の精進の結果をお互いが本気で称えあう儀式だと理解できた。
それが次の活力につながってゆくんだとも確信した。
このイベントに参加でき、本当に深い感慨を味わえた気がする。
これだけの祝福を受けた船である。
きっとすばらしい航海(はたらき)をすることであろう。
所長
河村 貴雄